リスクを抑えてカードローンでの借り入れを利用する方法がある

カードローンのリスクを抑える

カードローンはとても便利なものです。何故なら、担保や保証人がなくても簡単に手続きができ、今なら即日でお金を貸してくれる所もたくさんあるからです。法改正が入り金利も大幅に下がりました。

 

 

とはいえ、やはりクレジットやカードローンで借金を増やしてしまう人もいます。計画的に利用できずに借入れを繰り返せば、毎月の返済はあっという間に増えてしまいます。

 

もしも緊急でお金が必要であれば、リスクを最低限まで抑えた状態でカードローンに頼るという方法もあります。リスクと対策をきちんと理解していれば、全く無傷でお金を借りられる可能性もあります。

 

無利息でお金を借りる方法

大手消費者金融の中には、初回利用時は無利息期間有りで融資が受けられるカードローンがいくつかあります。無期限とまではいきませんが、初回契約から30日間、つまり1か月以内に返済すれば、全く利息を払わずにお金を借りられます。

 

無利息でというと何か裏があるのではと勘繰りたくなるのが普通かもしれません。しかし、無利息でお金を貸す側にも当然メリットはあります。初回でも無利息で契約してくれれば、またお金に困った時には自社からお金を借りてくれる可能性が高いためです。

 

一度カードを発行しているので、最寄りのATMから申込みや審査不要でサッと借入れができる、長期的に優良顧客になる可能性があるからこそ無利息で貸付けを行っているので、消費者金融側にもメリットありきのサービスなのです。

 

初回のみの利用である点の他に、無利息を受ける条件が各社異なります。ですが、条件は気になるようなものではなく、例えばプロミスなら、メールアドレスを登録してWEB明細を申込むだけで、無利息で借りられます。

 

必要な分だけ借りる

リスクなしでお金を借りる時のもう1つのポイントが借入額です。いくら何でも200万円もの大金をリスクなしで借りる方法はありません。リスクを最低限に抑えるのであれば、キーワードは1カ月以内に完済できる金額です。30日間無利息のサービスを活用すれば、1カ月以内に完済すれば利息は全く発生しません。

 

ちょっとした入用でお金が必要ならば、必要な分だけ、それも1カ月以内に完済できるだけを借りるようにしましょう。これなら余程の事態が起こらない限り、返済のリスクはありません。

 

また、30日以内の完済が難しい場合でも、2回、3回程度で完済できるのであれば、払う利息はそれ程高くはありません。

 

問題は、長期にわたって返済しなければならない位の大金が必要なケースです。この場合には、30日間無利息であるかどうかよりも、金利の低いカードローンを探した方が、返済時のリスクを抑えられます。長期にわたっての返済であれば金利による影響も大きくなるので金利をきちんと比較して探しましょう。

 

審査に通ればの前提はありますが、金利で考える借り入れ先なら信頼性も高い三井住友銀行の即日融資となるカードローンも便利です。

 

完済後にすぐに解約する

リスクなしでお金を借りたいのであれば、一番重要なポイントが完済後の話です。完済した後は、カードを速やかに解約してしまうというのも有効な手段です。

 

カードローンのメリットは、いつでも簡単に現金を受取れる利便性にあります。そしてデメリットは金利が高く、つい借り過ぎてしまいがちだという点にあります。初回のみと思っていても、欲しいものがあった時、ちょっとお金に困った時に、カードが手元にあればついつい頼ってしまいたくなるのが普通です。

 

このリスクを回避するための手段がカードローンの解約です。理想は申込んで借りたお金を無利息期間に完済し、その後即解約してしまう方法です。これなら利息も発生しませんし、新たに借入をしてしまう可能性も低くなります。

 

カードの解約に違約金や手数料は発生しません。また、どうしてもまたお金が必要になれば、その時にカードローンを契約すればいいだけの話です。

 

ただしカードローンの契約は借り入れ先によっては時間がかかる場合があり、審査回答自体は最短即日であったとしても、実際の利用開始となると時間がかかるオリックス銀行カードローンの契約内容もあるために注意が必要です。